皮膚の病気とQ&A

ご覧になりたい項目をクリックしていただくと症状の詳細、ご質問への回答が表示されます。

さらに詳細をお知りになりたいときや、その他ご質問などがありましたら、お気軽にお問い合せください。

皮膚の病気
ニキビ
シミ・色素沈着
アトピー性皮膚炎
肌荒れ
皮膚の病気とQ&A
フェイシャルトリートメント
レーザーフェイシャル
レーザー脱毛

シミ・色素沈着

しみの種類

老人性色素斑

加齢によって出現したしみです。レーザー治療が有効です。

顔全体のしみを薄くする方法としてレーザーフェイシャルがあります。

その他の治療の選択も可能ですので御相談ください。

雀卵斑

そばかすです。子供のころから存在して思春期に濃くなることがあります。成人以降は紫外線の影響で増加することがあります。

レーザー治療が有効です。レーザー治療には複数の治療方法を選択できますので御相談ください。

脂漏性角化症

表面にざらつきがあって盛り上がっているしみです。

レーザー治療が有効です。他の治療と組み合わせて行います。

肝斑

女性ホルモンの影響で出現する両頬の広範な淡いしみです。

フェイシャルトリートメントや飲み薬、つけ薬で治療します。

遅発性両側性
太田母斑

成人以降に両頬に点状に発症するあざです。やや青い色をしています。しみより深いところに色素が存在します。

レーザー治療が有効です。

ほくろ
(色素性母斑)

しみと区別がつきにくいものがあります。大きさ、盛り上がっているものなど治療方法を選択いただけますので御相談ください。

炎症性色素沈着

ケガやニキビの後のしみです。治療方法を御相談ください。

くすみ

しみではありませんが、肌の透明感が落ちている状態です。

皮膚、お肌に関するお悩みをお抱えの方、お気軽にご相談ください

一般皮膚科(1F)
052-735-0511
診療時間
電話・ネット予約のご案内
美容皮膚科(2F)
052-735-0512
診療時間
支払方法は現金のほか、クレジットカードが使用できます